自動車保険の等級について

事故を起こした車

自動車保険の等級をご存じでしょうか。保険料金は、契約者の事故歴に応じて、保険料を割り引いたり、割り増したりします。これを「自動車保険の等級制度」と言います。ここでは自動車保険の等級制度に関して紹介をします。

自動車保険等級の決まり方

自動車保険の等級は1~20等級まで分類されており、一般的に初めて自動車保険に加入する場合、6等級で契約します。等級が上がるほど年間の自動車保険料が割引され、20等級で最大の割引率となります。

等級の変わるタイミングは更新手続事で、保険の開始日から満期までに事故があったのかどうかで決まります。ただ、保険を使っても等級が下がらない「ノーカウント事故」も存在します。保険の等級は他社に変わることで等級がリセットされないか心配される人もいますが、保険会社同士で等級を共有しているため、変わることはありません。

ただし、6等級よりも低い等級になってしまった自動車保険はいったん解約し、他社で新たに加入しなおせばまた6等級からスタートできる可能性があります。

等級が上がるときはこんな時

保険を契約した開始日から満期日までの間に、無事故だった場合や、事故があっても自動車保険を使わなかった場合は、次の契約で一つ等級が上がります。例えば、6等級であった人が1年間無事故であった場合、次の年の契約は7等級になります。

事故で保険を使った場合の等級の取扱い

事故で保険を使った場合、事故の内容により等級のダウン率が違います。それぞれ、「3等級ダウン事故」「1等級ダウン事故」「ノーカウント事故」の3パターンに分かれます。

3等級ダウンするケース

1等級ダウン事故、ノーカウント事故に該当しない事故のことを言います。3等級ダウン事故に該当する場合は、継続契約の等級は3等級下がります。

1等級ダウンするケース

1等級ダウンの事故には以下のいずれかに当てはまる事故です。

事故の内容

  1. 車両身の回り品保証の事故
  2. 車両保険のみの事故
  3. 車両身の回り品保証の事故のみ
  4. 車両身の回り品保証の事故のみと車両保険の事故
  5. 車両身の回り品保証の事故とノーカウント事故のみ

事故の原因

  • 爆発・火災
  • 盗難
  • 暴動に伴う破壊活動行為
  • 台風、竜巻、洪水、高潮またはその他の自然災害による水没・浸水
  • 落書きやいたずら
  • 落下物との衝突

ノーカウント事故例

「ノーカウント事故」は事故の件数に数えない事故を言います。

  • 人身傷害保険
  • 人身車外補償特約
  • 人身家族おもいやり特約
  • ファミリーバイク特約(人身)
  • ファミリーバイク特約(自損)
  • 搭乗者傷害特約(死亡・後遺障害・入通院一時金補償型)
  • 搭乗者傷害特約(入通院一時金補償型)
  • 弁護士費用特約
  • 個人賠償責任特約
  • 無保険車傷害特約
  • ロードアシスタンス特約
  • 事故時代車費用特約
  • 自転車傷害特約
  • 被害者救済費用特約
  • 車両無過失事故に関する特約により無事故として取扱う事故

まとめ

自動車保険の保険料は、等級によって割引と割り増しがあります。事故の内容によっては保険料金の支払が大幅に増えることもあります。また、自動車保険には中断特則という制度もあり、譲渡などで車を手放し一定期間自動車保険を契約しない場合でも、等級をいい状態のまま保てます。等級を維持するには、いったん中断証明書を発行してもらう選択肢も検討してみましょう。