駆動形式の違いとメリット・デメリット

多くの人が使用しているFF、FRの特徴

車の駆動形式についてですが、駆動形式で一般的なものにはFF、FR、4WDがあります。

この中で特に人気が高い駆動形式はFF、もしくはFRでしょう。
最新技術が搭載されている車両も、基本的に4WDではなくFF、FRというケースが多いのです。

ですがメリット、デメリットがありますので、4WDに比べると性能が劣ると感じるところもあります。
例えば、FF車の場合は安定走行が可能というメリットがあるのですが、車体の前部分にエンジンなどの走行用の機関が搭載されているため、前部分が目立って重くなるというデメリットがあるのです。

FR車についても同様のことが言えます。
FR車の場合、メリットはカーブを曲がりやすいというところでしょう。

過去から現在にかけて、多くの車種がFR車として開発されてきました。
このような歴史的背景があるので、FR車は曲げやすい、加速しやすいという強みがあるのです。

その代わり、フロントではなくリアに不安定感があるというデメリットがあります。
FR車はフロントエンジン・リアドライブの駆動形式なだけでなく、実は出力がFF車より高いケースが目立っています。

簡単にハイスピードを出せるような設計となっているのですが、ストッピングパワーが強い駆動形式ではないため、操作不能に陥った際は、運転手の高い運転能力が問われるようになります。

FRはレースカーでも採用されている駆動形式なので、このようなデメリットも考慮して、スポーツカー、ファミリーカー、セダンカーを購入したほうが良いでしょう。

ほとんどデメリットが無い4WD

FF車、FR車と比較すると、4WDにはデメリットらしいデメリットが無いことに気づきます。

4WDはフォー・ホイール・ドライブの略称となりますが、4本のタイヤを余すことなく走行できるという強みがあり、これはブレーキ操作時も同じです。
FF車、FR車の場合は、前後のタイヤのどちらかを主に使用することで、加速、減速を行う仕組みになっているため、挙動が乱れるようになると、中々元の状態に戻らなくなってしまいます。

このように4WDの良いところを探していくと、他の駆動形式より優れているところばかりが見えてくるのです。
ですがデメリットと言えるところもあります。

例えば、4WDはコンピューターによる姿勢制御、そして4WDの機能を支える機構があるため、一般的な自動車よりも車体価格が高くなってしまいます。
これはFF車、FR車で比較するとわかりやすく、4WDは300万円前後で売られているものが多い、4WD以外は100~300万円で売られているものが多いという状況です。

過去においては、4WDは燃費も悪いと言われていました。
ですが、今ではハイブリッド車といった、燃費に優れるエンジンが開発されているため、このような問題はほとんど目立たなくなったのです。