電気自動車に使われるモーターの種類や仕組みとは

車内

電気自動車とはどういうものか

電気自動車は別名「EV」とも言われているガソリンを使用しないで走行をすることができる自動車です。
走行をするときには外部から充電をした電気を使用し、モーターを回転させることにより走行を可能としています。

ガソリン車と最も異なるのは走行時に燃焼を伴わないために発生するCO2がゼロであるということで、これからの自動車業界の主流となっていくであろうエコカーとして注目をされています。

既にトヨタや日産などから完全電気自動車の車種が販売されており、SSほどではないにしろ途中で電気を充電することができるポイントも増えてきています。

ところで電気自動車の歴史ですが、実は19世紀には既に実用化がされています。
これは内燃機関によるエンジン自動車よりも早くに市販がされており、自動車そのものが一般に流通し始めた時期には性能面でガソリン車を上回る実績をしていました。

しかし最大のネックとなっていた電池のサイズや容量の問題を改善することができなかったことから、次第にガソリン車の方が広く流通するようになり、いつしか歴史の中から消えていくことになりました。

その後の一部では研究が続けられてきたのですが、世間的に大きな注目を集めることになったのは21世紀からのエコブームからです。

20世紀の終盤には自動車のガソリンエンジンの排気による環境汚染が深刻化をしており、また化石燃料への過度な依存が様々な軋轢を生み出してきたことから21世紀になり急激に電気自動車が注目をされるようになりました。

電気自動車におけるモーター駆動

電気自動車こと「EV=Electric vehicle」とは、端的に言うと電気エネルギーをモーター運動に変換して駆動力を得るというシステムを使用しているクルマのことです。

太陽電池を使用しているケースもありますが、日本は気候的に太陽光発電には不向きなためより安定的なエネルギーを維持するために二次電池式電気自動車(バッテリー式電気自動車)および燃料電池自動車が多くなっています。

またモーターとエンジンの両方を搭載したハイブリットカーも、広義にはEVとして分類をされています。

電池によるモーター駆動の最大のメリットは大きなトルクを発しながら回転をすることができるという点で、対応できる回転数の幅が大きく制御がしやすいという特徴があります。

エンジン自動車のようなトランスミッションが不要となっており、中央コンピューターでモーター制御をすることによりカーブ時に左右の車輪の動きをディファレンシャルギヤ(デフ)によって精密に制御することができます。

最近ではモーターを中心部のみではなく各タイヤそれぞれに組み込むタイプのEVの開発も進んでおり、モーターそのものの軽量化も進められています。