EV自動車に乗るメリットとデメリット

充電スタンド

近年EV車を街中で見ることが多くなりました。ですが、EV車とはどういうものか答えられる人は少数でしょう。ここでは、EV車のメリット・デメリットを整理して、どのような車なのか解説します。

EV車とは

EVは「Electric Vehicle」の頭文字をとった言葉になります。一般的には電気自動車と訳されます。ガソリンを一切使わず、充電装置でバッテリーに電気をため、モーターを動かし走行する自動車になります。モーターとバッテリーだけで動くためエンジンは搭載していません。

EV車は大気汚染物質をださずに走行するため、環境にやさしいとされています。そのためEV車は、自動車業界だけでなくさまざまな業種から熱い注目を浴びています。日本でEVを最初に開発したのは日産です。車名は「リーフ」で、充電するシーンをCMで流したことも印象に残っている人も少なくないのではないでしょうか。

よく間違われるのが、ハイブリッド車との違いです。ハイブリッド車はHVとも呼ばれエンジンを搭載しています。走行する際は基本的にエンジンを使いモーターは補助的な役割を果たします。モーターを動かす電力はエンジンとブレーキから発電し、EVのように外部からの電気供給は必要ありません。

EV車のメリット

現在注目されているEV車を実際に購入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。早速チェックしてみましょう。

環境に負荷をかけない

EV車の最大のメリットは何といっても環境への負担を極限することです。20世紀につくられたガソリン車・ディーゼルエンジン車は、走行するとさまざまな大気汚染物質を排出します。一方EV車は、大気汚染物質を全く排出しません。大気汚染が深刻な国ではEV車の導入を積極的に進める政策が行われています。

コストパフォーマンスに優れている

同じ走行距離にかかる費用はEV車の方がガソリン車より安く、深夜に充電をするといった利用方法の工夫でコストダウンが可能です。またEV車の中にはバッテリーにためた電力を走行以外に使える車種もあります。

静粛性に優れている

ガソリン車は、エンジンを駆動させるための音は避けられません。その一方EV車はエンジンを搭載しておらず、モーターとバッテリーだけで走行できるため、走行音はほとんどしません。

EV車のデメリット

では続いてEV者のデメリットも見ていきましょう。

充電可能な場所が限られている

EV車はガソリン車やディーゼル車と違い、走行するエネルギーを補充するスタンドの普及が十分ではありません。外出先で充電スタンドがないと充電切れを起こして走れなくなってしまいます。

長い充電時間

ガソリンの給油であれば、ものの数分で給油が完了しますが、EV車の充電には、数時間程度の時間がかかります。充電が残り少ない状態で急いで外出したいときなどは大きなデメリットとなるでしょう。

価格が高い

ガソリン車やディーゼル車に比べるとEV車は価格が高い傾向にあります。そのため、EV車の購入を検討していながら最終的にはガソリン・ディーゼル車を選ぶ人も少なくありません。

まとめ

EV車のデメリットとメリットを紹介しました。EV車は環境にやさしい反面、充電スタンドの数が限られているため遠出には向いていないといえます。EV車を購入する際はこれらをしっかり検討してから購入しましょう。