PHEVとPHV、HVの違いとは?

エコカーとして定番のHV

排ガス規制の影響もあり、今では排ガス規制の影響を受けてしまう自動車、バイクの販売が許可されていません。

そこで開発されるようになったものが、HV(ハイブリッド)です。
今では良く見かけるようになったハイブリッド車ですが、確認方法はハイブリッド車のシールを確認するだけで行なえます。

ハイブリッド車の場合、ハッチバック付近に「ハイブリッド車を示すシールが貼られている」ため、確認することが難しいケースはまったくありません。
ガソリン車との大きな違いですが、排ガス規制を意識しているため、クリーンなガスを排出するための装置、もしくは部品が搭載されています。

エンジン音、排気音が静かであったり、ガソリン車の倍以上の燃費を誇るハイブリッド車も存在するため、マシンスペックを比較すると、ハイブリッド車であるかどうかが簡単にわかるのです。
その他の大きな違いは、ガソリン車はガソリンで出力を得るという特性があり、ハイブリッド車は電気エネルギーも駆使して出力を得ています。

電気エネルギーを使用して走行する場合は、ガソリンを燃やして走行しない分だけエコカーとして機能します。
このような違いがあるので、ガソリン車は電気を得るためのモーターが付いていないといった、このようなところに大きな違いがあるという声も存在するのです。

最新技術が搭載されているPHV、PHEV

PHVとは、プラグインハイブリッド車の略称で、PHEVはプラグインハイブリッド電気自動車の略称となっています。

PHV、PHEVの共通点は、電気自動車として開発されている、充電が行える機構が存在するところです。
このような特徴があるため、これらの自動車は同じものと思われることもありますが、実際は別物と判断しても問題ありません。

というのも、使用されている技術に違いがあるからです。
PHV、PHEVは開発を担当している自動車メーカーが違い、自動車メーカーごとで微妙に性質、仕様を変えている特徴があります。

充電時間、充電方法が異なるといった小さな違いもあれば、自動車内で使用できるシステムに違いがあるといった大きな違いもあります。
ただし、ハイブリッド車と比較した場合、PHV、PHEV、FCVといった最新技術が搭載されている車種のほうが、圧倒的に走行性能では上をいっています。

燃費だけで比較しても、ハイブリッド車はリッター20~40km、PHV以降はリッター30~100kmとなっているため、TOYOTAのプリウス、MITSUBISHIのi-MiEV(アイミーブ)の人気は、現在も衰え知らずの状況となっているのです。
また、ハイブリッド車以降は減税対象車としても有名なため、こちらを意識してハイブリッド車などを購入する人もいます。