運転免許の取得前に知っておくべきポイント4つ

運転免許センター

今運転免許を取得する意味はあるか考える

運転免許証はこれまで最も強力な身分証明書として機能をしてきました。
現在ではマイナンバー制度が導入をされたことにより、身分証明書として必ずしも使用しなければいけないというわけではなくなりましたが、それでも取得をしておくことでたくさんのメリットがあります。

とはいえそもそも自動車を運転する必要もないのに免許を取得する必要はありませんので、これから免許を取得しようと思っている人は取得するメリットとデメリットを知っておいてください。

運転免許を取得する前にぜひ知っておいてもらいたいこととしては「取得のためには高額の費用がかかる」「免許制度や道路交通法は頻繁に更新されている」「交通事故の責任は非常に重い」「仕事で使用する場合には特殊な免許が必要」が挙げられます。

地方で生活をする人や、営業や運送業に携わろうとしている人は、就職のために運転免許が必須となっていることもよくあります。

しかし「みんなが取得しているから」といったなんとなくで取得をしてしまっては、自動車を運転するという社会的責任を意識することができません。

大げさな話に聞こえてしまうかもしれませんが、自動車を運転するとうことは自転車などとは全く異なる大きな責任が伴います。
そのことをまずはしっかり頭に入れておいてもらいたいです。

運転免許を取得するために必要なもの

これから免許を取得するという場合、まず最初にするべきことは自動車学校の選択です。
自動車学校を利用せずに直接免許センターで試験を受けることもできますが、全く運転経験がない人が実技で合格するということは難しいでしょう。

自動車学校では学科と技能の二種類の講習を決められたコマ数受講をしますので、入学をすることで交通ルールや運転に必要な技能を全般的に習得することができます。

ただし自動車教習所は卒業までにかなりの金額がかかってしまいます。
最も安い合宿免許を利用した場合は、シーズンオフであれば15万円前後、シーズン中は20万円程度は必要です。
参考>>https://www.menkyostay.com/

また免許取得後も定期的に更新を受けなければいけないため、所持しているだけでお金がかかってしまいます。

免許の更新では頻繁に変更されている免許制度や道路交通法についての講習を受けることとなるので、運転時にはそれらをしっかり頭に入れておく必要があります。

特に仕事で運転免許が必要な人の場合には、どの免許が必要であるかをしっかり調べて必要な試験を受けなければいけません。

車に乗る際は必ず自動車保険に加入すること

無事に運転免許を取得し、車に乗るときは自動車保険への加入をしてから乗るようにしましょう。

自動車保険には二種類あり、自賠責保険と任意保険があります。
自賠責保険は、自動車やバイクに乗る際は必ず加入が義務付けられており、もし加入せずに運転すると法律違反になってしまうので注意が必要です。

任意保険は自賠責保険でカバーできない部分を補償する保険で、万が一事故が起きたときのために加入しておくことをおすすめします。
保険会社によって補償の内容が異なっていたりするので、複数の保険会社の見積もりをしたい場合は一括で見積もってみましょう。
参考>>オリコン顧客満足度ランキング«自動車保険»
他にも、自動車保険の選び方や任意保険の詳細が書かれているのでおすすめです。

実際に自動車を運転するときには、事故や違反によって大きな責任を負うことになってしまいます。
ハンドルを握るときにはルールを守り、安全運転を心がけましょう。