皆の難関「車庫入れ」のコツ

駐車場

走行中以上にテクニックが問われる駐車

自動車の免許を取得してかなりの年数が経つのに、いつまでも駐車に慣れなくて困っているという人もかなりの数でいるようです。

自動車学校でも補習の対象になりがちなのがこの駐車に関する項目で、バックでの車庫入れや縦列駐車がうまくいかず何度も講習を受けたという記憶がある人も多いのではなでしょうか。

車庫入れはある意味走行そのもののドライビングテクニック以上に技量が問われる項目であり、その人の運転のうまい・下手が如実に現れます。

大きな駐車場施設などでは、面倒だからと頭から突っ込んで駐車をする人も多くいますが、交通量の多いところであるほど駐車スペースにはバックで入れた方が断然帰りが楽になります。

自動車の構造上前から入れるよりもバックで停める方が切り返しの回数も少なく素早くきれいに入れられるので、できればバック駐車の苦手意識は早くなくし、どこでも自由にバックができるようになっておきたいところです。

バックで最も大切なのは、入り始める位置です。
わかりやすい目安となるのは、停めたいスペースから左右いずれかより二つ分離れたラインをスタート地点にするということです。

停めたい場所から一つ間に挟んでもう一つ向こうのスペースの離れた方のラインに自分のクルマのヘッドをあわせてそこからゆっくりとハンドルを切りながらバックをしていきます。

このスタート地点が間違っていると何度も何度も切り返しをしなければならなくなるので、最初のポジション取りこそが最も重要と思うくらいでよいでしょう。

AT車ではクリープを使ってブレーキだけで制御

MT車ではまた様子が変わってきますが、AT車であれば車庫入れの練習は比較的簡単にできます。
これはAT車の場合には「D」や「R」に入れておくと自然にクリープ現象によってゆるゆると進んで行ってくれるので、ブレーキとハンドル操作のみで駐車をしていくことができるからです。

慣れないうちはブレーキペダルに足を置いたまま軽く踏みつつゆっくりゆっくりスピードを制御していくようにします。

練習をする場合には広くて空いてる駐車場内で、入れたいスペースの左右にポールなどを置いて距離感をつかむようにしていきます。

最初にコツは2つ向こうのラインと書きましたが、車種により胴体の長さは異なっているためどのくらいの速さでハンドルを切るのがベストかの感覚は全く異なってきます。

車体の長いワゴンタイプなどは背後が見えにくく、どのタイミングでハンドルを切るかがすぐには把握することはできません。

練習をするときには最初から「まっすぐ入れなきゃ」といった強迫観念を持つのではなく、多少曲がってもスペースに入れるということを意識するようにしましょう。