上手な坂道発進方法

片道渋滞している道路

坂道発進が苦手な人もいることでしょう。坂道を発進する場合は、気をつけて行わないと、後方車両と接触事故をすることにつながる恐れがあります。また、慣れてきて坂道発進の操作が荒くなってしまうと、車がエンストする可能性もあります。ここでは、正しい坂道発進の操作方法を紹介します。

坂道発進とは

坂道発進は、坂道で停止状態の車が発信する前に、勾配に沿って下がってしまうことを防ぐ手法です。特にMT車を運転するなら必須となる運転技術です。しかし、道路が渋滞していたり、赤信号で停車をする際に坂道で停車する場面など、突発的に坂道発進スキルが必要な機会も少なくありません。坂道発進は仮免許技能試験にも登場するほどの重要な運転技術のひとつですが、クラッチ操作が難しく坂道発進自体に苦手意識を持つ人も少なくありません。ですが、道路が渋滞した際に坂道で停車する場合や、赤信号で停車をする際に坂道で停車する場合などは坂道発進が必須になってきます。坂道発進を正しく行わないと車が坂道に沿って進んでしまい、接触事故を起こす可能性があり大変危険です。ここではスムーズに坂道で発信ができるように、坂道発進の方法について解説しています。

坂道発進の注意点

坂道発進の際の注意点としては、上り坂で車を停止した場合、発進に失敗すると車が下に下がることがあげられます。これは車が前に進もうとする力よりも下に下がる力が強く働くからです。

このような事態に対応するためには、アクセルをグッと強く踏み込み、車が下がる力よりも前に進む力を強める必要があります。アクセルをやみくもに強く踏んでしまうと急発進になってしまい、前方の車に追突する恐れがあるので気をつけましょう。下り坂の場合は急なスピードが出してしまう恐れがあるので注意が必要です。

MT車で坂道発進する場合のコツ

MT車の坂道発進の方法

MT車での坂道発進のコツは、サイドブレーキを引いて車を固定し、平坦な道路を運転する時よりも強くアクセルを踏みます。この時クラッチペダルを踏んだまま半クラッチの位置で留めて置き、サイトブレーキをゆっくり下ろしていけばOKです。半クラッチの状態を上手く保つことが、坂道発進するコツと言えます。

MT車の坂道発進でエンストしてしまう理由

MT車の坂道発進でエンストしてしまう理由は、主にクラッチ操作のミスが原因です。エンジン回転数が低すぎるまたはクラッチをつなぐタイミングが早すぎるとエンジンに負荷がかかりエンストが起こります。MT車の場合は機械的なトラブルで坂道発進できなくなることはまれです。落ち着いてクラッチをつなぎ、少し回転数を上げてからクラッチをつなぎましょう。

MT車の坂道発進でエンストしてしまった時の対応

MT車の坂道発進でエンストをしてしまった場合、焦らずにサイドブレーキを引きましょう。これは車が勝手に後退して後続車にぶつかるのを防ぐためです。次にクラッチをしっかりと踏み込みギアをニュートラルにしてエンジンを掛けましょう。エンジンがかかったらもう一度同じ手順で坂道発進をします。

まとめ

MT車の坂道発進の仕方について解説をしました。MT車の場合は、半クラッチを上手く保つことが重要です。サイドブレーキを引いてから半クラッチ状態をキープし、徐々にサイドブレーキを下ろしてください。スムーズな坂道発進は事故防止の他、スムーズな運転につながるので、ぜひマスターしましょう。