スリップした時にやってはいけない行為

雨が降った後の道路

スリップをしたらとにかくブレーキを踏んで耐える

自動車を運転中に起こるトラブルのうち、非常に肝を冷やしてしまうのがスリップです。
スリップが起こるとハンドル操作が全くきかなくなってしまい、惰性に従ってまっすぐクルマが横滑りをしていくことになります。

運転中のスリップは運転技術云々ではなく全く制御が不可能となってしまいますので、大きな事故のもとにもなってしまいます。

まずは自動車にスリップが起こる原因をしっかりと理解し「危ないな」と思える危険察知の能力を高めることが大切になります。

先に実際に自動車がスリップしてしまったときの対処方法を説明すると、まず最もやってはいけないのがハンドルやペダルをめちゃくちゃに動かして操作で立て直そうとすることです。

そもそも制御ができない状態であるのに、そこに不用意にハンドルを動かしたりアクセルを踏み込むようなことをしてしまうと、ますます予想外の方向に高速でスピンしてしまう可能性があります。

スリップをしたときには思い切りブレーキを踏み込むとともに、制御が止まるまでぐっと力を込めて耐えるというのが一番の対処方法となります。

この場合仮に事故にあっても被害が最小限となりますし、何よりも自分自身が「ぶつかる」という心構えができますので怪我を最小に留めることができるのです。

運転中にスリップが起こってしまう「ハイドロプレーニング現象」

次にどういったときにスリップが起こるかということについてですが、これは端的に言って「路面に水が多く溜まっている時」です。

路面が滑るというとなんとなく凍結した氷の上のようなイメージがありますが、実際にスリップを生み出すのは路面とタイヤの間に生じる水の膜なのです。

ですので凍結をした路面と、水はけの悪い路面に水たまりが多く溜まっている場所とはいずれも同じくらいの危険があると言え、走行中はできるだけ水を避けて乾いた路面を走行するということが重要になってきます。

路面の水の膜によってスリップが生じることを「ハイドロプレーニング現象」といいます。
これは水がたまった場所で高速で侵入をしてしまうと、タイヤが路面を掴みきれずに空回転が起こってしまいます。

こうした時にはタイヤが一時的にロックされたようになってしまうので、そのまま大きく横滑りをしてしまうことになります。

ただしこうしたハイドロプレーニング現象は水の膜がなくなればすぐにも摩擦が復活するので、落ち着いて路面の乾いた場所に避難することができれば、再び制御可能な状態に戻ります。

ハイドロプレーニング現象が起こってしまったときに慌ててハンドルを大きく切ってしまうと、自動車の方向が変わって大きくスピンを起こし反対車線にはみ出してしまう危険があります。