アンダーステア・オーバーステアとは

アンダーステアの特性

自動車を運転していると、車が外へ外へとふくらんでいくことがあります。

多くの人は、それほどスピードを上げていないので、このふくらみについてはそれほど気になりません。
ですが、このような状態をアンダーステアと言うのです。

アンダーステアの特性となりますが、オーバーステアとは逆の挙動を取るという特性があります。
スピードを高くするとわかりやすいのですが、車が曲がり角から大きく外側に吹っ飛んでいくような感覚となり、酷いケースでは操作不能に陥ってしまうほど、車体の乱れが酷くなります。

これは遠心力によって発生するのですが、ブレーキなどを強く操作して車体が乱れるようになると、アンダーステアを誘発できるようになります。
補足となりますが、アンダーステアが発生してから強めにハンドルを切ると、よりアンダーステアの特性がわかるようになります。

というのも、どれほどハンドルを切ったとしても、ハンドルを切った分の操作を行えないからです。
ハンドルを強く切っている場合、最終的にスピンしてしまうこともありますが、このような動作はFF車より、FR車と言われている駆動方式で良く見られる挙動とされています。

このような駆動方式ごとのバランスがあるため、FF車、もしくはスピンに強い4WDは安定した走行が可能と言われているのです。

オーバーステアの特性

アンダーステアについて学んでいると、特性についても良くわかるようになります。

オーバーステアの場合はアンダーステアの逆になるので、錐揉(きりも)み回転のようなイン側に向かってねじれるような挙動となります。
オーバーステアはアンダーステアのようにふくらむわけではないので、オーバーステアの特性だけを知っていると、オーバーステアのほうが安全なように感じてしまう人もいるのですが、オーバーステアのほうがリスクは大きいです。

というのも、オーバーステアは急にイン側に向かって車が曲がってしまう、このような特性も秘めているからです。
アンダーステアは徐々にハンドル操作を受け付けなくなる、オーバーステアはすぐにハンドル操作を受け付けなくなる、このような違いがあります。

ただし、アンダーステアとオーバーステアは、スピードがかなり高くない限りは発生しません。
もしくはハンドルを急に強く切るといった、アンダーステア、オーバーステアを誘発する動作が無い場合は、車体の乱れが起きることもないでしょう。

このような仕組みになっているため、いきなりアンダーステアなどが出る場合は、車体のフレームそのものが歪んでいる、もしくはタイヤ周りに故障があると思ったほうが良いでしょう。
車によっては、フレームの歪みで真っ直ぐ走れないものもあるのです。