タイヤの空気圧点検と充填方法

タイヤの空気圧点検は必要

空気圧点検の重要性ですが、自動車を支えているものは車体のフレームやタイヤとなっているため、そのことを正しく理解したほうが良いでしょう。

タイヤというと、今ではパンクに対する耐性が上がっているため、多くの人はパンクの経験が少ない中で自動車運転を行っています。
ですが、ロードサービスを受ける形でパンクを免れている人は多く、ロードサービスの実施件数に対して、10件に1件はパンク絡みのトラブルで、ロードサービスを受けている人がいるのです。

空気圧のメカニズムについても案内させていただきますが、タイヤの空気圧が正常ではない場合、タイヤそのものの摩耗度は必ず上がってしまう状態となります。
タイヤは部分的に欠損、損耗していく形で自動車を動かしているため、空気圧が少ない場合は、偏りが強い状態でタイヤの欠損、損耗が目立つようになっていきます。

このような問題が存在するので、高速道路を走行する際はタイヤの空気圧を整えたほうが良いのです。
これが空気圧点検の重要性となるのですが、パンクのリスクを低減したい場合は、高速道路に合わせて開発されたタイヤを履くようにしましょう。

このようなタイヤは他のタイヤより高い代わりに、自動車の揺れを低減し、ゴム部分の耐久性も高い作りになっています。

意外と簡単なタイヤの空気入れ

タイヤに空気を充填させる方法ですが、自転車と同じような手順で行っていくだけで良いです。

そのため、タイヤに取り付けられているバルブを外して、空気を充填させる機器を取り付けられるようにします。
自転車の空気入れとの大きな違いは、半自動で空気入れが行われてしまうことです。

タイヤに空気を充填させる際は、このようなことを理解して行うようにしましょう。
空気入れを行える施設ですが、自動車修理工場、ディーラー、ガソリンスタンドのどれかとなります。

施設のスタッフに尋ねると、空気入れが置かれているスタンドを案内してもらえます。
その後は、タイヤに空気を充填してもらうだけとなりますが、この手順はスタッフ、もしくはオーナーのどちらが行っても問題ありません。

ただし最後はエアゲージによる測定を行いましょう。
エアゲージはエアバルブに押し当てる形で使用するのですが、使用時はゲージでありメーターの変化を目で追うだけで問題ありません。

メーターを確認すると、タイヤに空気を充填させ過ぎているかどうかがわかります。
もしメーターの許容を超えるほど空気を入れてしまった場合は、スタッフに頼む形で空気を排出してもらいましょう。

空気入れについてですが、どのスタンドでも無料というわけではありません。
有料のケースもあるので注意してください。