車のバッテリーの寿命の見極め方

自動車内で使用される電力

自動車の電装機器の動力となるバッテリー

バッテリーはエンジンを起動する役割をするとともに、自動車内で使用される電力を蓄える重要なパーツです。
エンジンはガソリンの燃焼によって動くことができますが、そのためにはまず発火や吸気、圧縮などの制御が必要となります。

そうした機器の動力となるのがバッテリーであり、バッテリーに接続されたスターターモーターが回らなければエンジンがかかることはありません。

自動車のバッテリーはいわば大きな電池のようなものであり、新品で購入をした時には既に内部に大量の電力が蓄えられています。

乾電池などと異なり自動車用の電池はそこに蓄えられている電力がなくなったら終わりというわけではなく、エンジンに取り付けられてるオルタネーターという発電装置により走行中に充電をすることできるようになっています。

ですが自動車のバッテリーの役目はエンジン・モーターのスタートだけでなく、ライトやワイパーの動作、エアコン、AV機器などといった電装系を動かすことであるため、電力の消費が過剰になるとバッテリー不足の状態が起こってしまいます。

また長くバッテリーを使用し続けることにより内部の電力の蓄積できる量が減少をしてきたり、充電能力そのものが衰えてしまってきますので、定期的に交換をする必要があります。

ロードサービスの出動理由のトップはバッテリー上がり

自動車の任意保険では、運転時のトラブルに備えたロードサービスが付帯してくるのが一般的です。

国内最大のロードサービスであるJAFの統計では、年間を通じて自動二輪車の出動原因で最も多いのは「バッテリー上がり」となっています。

バッテリー上がりとは、バッテリー内の電力が充電よりも消費量が大幅に上回ってしまうときに起こることで、エンジンの起動ができなくなってしまうため自力で移動することができなくなります。

なぜバッテリー上がりになるかというと、よくあるケースとしては「ライトをつけっぱなしにしていた」などの無駄な電力のつけっぱなしがあります。

一時的なバッテリー上がりには「ジャンピングスターと」という他の自動車のバッテリーから一時的に電力を拝借する方法があるため、覚えておくといざという時に大変便利です。

ただしそもそもバッテリーが古くなっていると充電量がそもそも少なくなるため、早めに交換しておいた方が安心です。

バッテリーの寿命診断で最も確実なのが整備工場やSSで受けられる電圧チェックです。
これは専用の機器を用いて充電状態を測るもので、数値として確実に不足が判定できます。

専用機器がないという場合であっても、「エンジンのかかりが悪い」「ライトが暗く感じる」といった不調があった場合には電圧が下がっていることが考えられます。