エンジンの寿命が延びるメンテテクニックとは?

車のエンジン

エンジンに負担をかけない走り方

クルマにとって最も重要な部品はなんといってもエンジンです。
エンジンはいわばクルマにとっての心臓部ですので、ここに何らかの故障が起こってしまうとそもそも走行をするということができなくなってしまいます。

年式が古かったり走行距離が多い自動車の場合、アクセルを踏み込んでもなかなかスピードが上がってくれなかったり、ギアの切り替えが滑らかではなく衝撃が強く感じられるようになってきます。

これらはエンジンが長年の使用によって劣化を起こしており、新車のようなパフォーマンスを出すことができなくなってしまっていることが原因です。

自分の愛車を長く乗りたいと考えている場合や、将来買い取りを考えている場合にはできるだけエンジンに負担をかけないように乗るようにし、少しでも長く寿命を延ばすようにするのがよい方法です。

人の体同様に、自動車の部品も特定の部位ばかりを酷使していると劣化激しくなってしまいます。
普段から消耗品を早めに交換するなどのメンテナンスを怠らないようにするとともに、無理な負担をかけない運転を心がけていきましょう。

エンジンに負担をかけない走行方法とは、「急」が付くことはしないということがポイントです。
つまり「急発進」や「急制動」「急カーブ」といった運転方法は通常の走行とは比べ物にならないほどエンジンに負担をかけてしまいますので、余裕のある運転をするとともに乗車する人にとっても居心地の良い運転をしていくようにしましょう。

「暖機運転」「慣らし運転」は必要なのか?

少し以前までの自動車の常識として、新車で購入をしたときには「暖機運転」や「慣らし運転」をするのがよいということがありました。

「暖機運転」とは、運転を開始する前にエンジンを起動してからしばらくアイドリングをするということで、エンジンを温めてから走らせることでエンジンにかかる負担を軽減できるというものです。

もう一つの「慣らし運転」とは新車として購入した自動車はまだ組み立てられたばかりで部品同士が馴染んでいないので、最初に高速道路など一定の速度で長く運転することで自動車部品の寿命を延ばすことができるというものです。

まず「暖機運転」についてですが、これが必要とされていた理由はエンジンを起動してからエンジンオイルが回転するまでしばらく時間がかかるからというのが理由です。

しかしここ近年の新車ではエンジンオイルの動きはCPUによって制御をされているので、エンジン起動直後にフル回転をさせるのでもなければ特に必要がないというのが現在のメーカー見解です。

「慣らし運転」ですがこちらは特にMT車においては重要な意味がありました。
現在では出荷される新車のほぼすべてがAT車となっているため、特に慣らしをする必要はないと言われています。