ウォッシャー液の補充方法

慣れれば意外と簡単なウォッシャー液の補充

水を補充させる際と同じで、適切なタイミングで補充、もしくは交換を行うだけで問題ありません。

ウォッシャー液の補充についてですが、ウォッシャータンクの位置を視認しておくようにしましょう。
自動車によっては、何かしらの用途で搭載されているタンクがあるため、すべてウォッシャータンクというわけではありません。

基本的にウォッシャータンクは、エンジンルーム内の半透明のタンクで、薄い水色でわかりやすく着色されているものが多いです。
ウォッシャータンクのキャップ位置ですが、タンクの先端であり、上部にわかりやすく取り付けられています。

注意点として、ウォッシャータンクのキャップは引っ張らないようにしてください。
ゴム部分が破損してしまうとキャップを開閉させるのが難しくなります。

このような特徴があるので、ウォッシャータンクのキャップは指でキャップ部分を持ち上げて、開けやすい状況にしてから軽い力で引っ張るようにします。
この後はウォッシャー液の補充を行うだけで、補充と交換を同時に済ませることできます。

エンジンオイル交換ではないので、古い液剤、新しい液剤が混ざったとしても問題ありません。
注意点として、ウォッシャータンクにはかなりの液剤が入るので、FULL、MAXの目盛りを参考にして、限界ギリギリまで入れるようにします。

すべて同じように使用できるわけではない

ウォッシャー液には以下のような種類があるため、特性を理解して用途ごとに使用したほうが良いです。

一般的なウォッシャー液はノーマルタイプで、こちらは特に使用上の注意点はありません。
シリコン、フッ素などが配合されているウォッシャー液は撥水タイプで、高速走行時にガラスが曇ってしまう、もしくは撥水が上手くいかないという場合は、撥水タイプを使用するようにしましょう。

他にも油膜取りタイプ、解氷タイプもあるのですが、これらは特殊なウォッシャー液として販売されています。
油膜取りはウィンドウが汚れで常に曇っている場合、解氷は塩化カルシウムが配合されているので、霜、雪、氷がウィンドウに溜まりやすい場合に、使用するのが最適とされているウォッシャー液です。

補足となりますが、油膜取りタイプを使用するだけでウィンドウの汚れがすべて落ちるわけではありません。
ガラス用シートを購入して汚れを拭き取るなど、小さな汚れやワイパー部分の汚れについては、汚れてしまっても良いシート、雑巾を使用してキレイにしてください。

ワイパーに関しては経年劣化の影響で、まったく汚れを落とせないこともあります。
このようなケースでは、ワイパーそのものを交換したほうが良いでしょう。