高性能エンジン搭載「ボルボ V40」

クリーンディーゼル搭載、魅力ある性能の高いボルボのV40

DriveEディーゼルが追加されたというニュースが注目されたボルボ、そのクリーンディーゼルを搭載したV40は人気の車です。
車の維持には税金がかかるのでなるべく費用が掛からないほうがいいと考えますが、ボルボのV40はクリーンディーゼルなのでエコカー減税によって自動車税や重量税の減税措置を受けることができます。

ボルボのV40は内装も外装も美しく非常によく作りこまれている車です。
ディーゼルエンジン独特の音が好きという人にはたまらない車となるでしょう。

スポーツエンジンのような音を室内でしっかり感じたい

ディーゼルエンジンの音が独特で、カラカラ聞こえていやだという人もいますが、ボルボ V40は室内に入るとびっくりするくらい、この独特な音が静かになり静音設計がしっかり施されていることがわかります。
アクセルを踏むとディーゼルらしい音が室内にも響くのですが、この音が好きという人も多いです。

ガソリン車とは違うエンジンサウンドは独特な音で、走行している!ということをしっかり感じます。
室内で声を張り上げて会話しなければならないということもありません。

ボルボ V40のスペックはどんな感じ?

ボルボ V40 D4のスペックは、全長が4370㎜・全幅が1800㎜・全高が1440㎜です。
ホイルベースはどのモデルも2645㎜、車両重量は1540㎏、定員は5名となっています。

エンジンは水冷直列4気筒DOHC16バルブ、インタークラー付ターボチャージャー、総排気量は1968㏄です。
燃料供給装置は電子燃料噴射式、最大出力は140(190)/4250(EC)、最大トルクは400(40.8)/1750-2500(ECE)となります。

燃費はJC08モードでリッター20キロ、サスペンションはリアがマクファーソンストラット式、フロントがマルチリンク式です。
ブレーキはパワーアシスト付4輪ディスクブレーキ、ABS付きダイヤゴナル、タンデム・マスターシリンダー式とスライディング・キャリパー方式となります。

トルク400Nmだからパワフル!

アクセルを踏み込むとそのタイミングで速加速、この操作との一体感はなかなかのものです。
驚くほどにパワフルですが、その上、シフトをSにすることでモンスターのようなパワーを感じさせるマシンとなります。

アクセルをちょっと踏み込んだだけなのに、え?もう時速60キロを超えた?とびっくりされる方も多いです。
スムーズにチェンジしていくシフトも人気の要因でしょう。

最高の出来といわれるV40のトランスミッション

オートマチックトランスミッションは、高いパフォーマンスを発揮します。
1000rpmを超えるところになると積極性を持って直結制御してくるのです。
加速して行くとそれほどの違和感がなく、マニュアルトランスミッションなのか?と思う方も多いといいます。

MT車でクラッチを切って半クラッチ状態でつなげているような感覚です。
小気味よくつなぎ変わるトランスミッションの性能の良さも、この車で感じてほしい部分といえます。