洗練された国産SUV「マツダ CX-5」

洗練されたイメージのマツダ CX-5

マツダの最先端技術が駆使されている車といえばやはりCX-5といえます。
スペックを見ても高性能な車ということがわかりますが、機能、整備も充実したSUVです。
まさしくかっこいい!と表現できるマツダのCX-5は、マツダのスカイアクティブ技術や先進的デザインが施され、最高のカッコよさを持っています。

日本のクリーンディーゼルの先駆け的存在となった車でもあり、歴史的に見ても価値があるでしょう。
美しくかっこいい車、マツダのCX-5とはどのような車なのか、理解するとさらに魅力を感じる車です。

マツダのCX-5 SUVはどんなスペックを持っている?

ボディサイズは全長4545㎜・全幅1840㎜・全高1690㎜、ホイルベースは2700㎜です。
最大乗車店員は5名、車両重量は1520㎏、燃費はJC08モードでリッター16キロとなっています。

エンジンは水冷4気筒DOHC16バルブ、最高出力が115kW(156PS) /6,000rpm、最大トルク数が199N·m (20.3kgf·m) /4,000 rpm、タンク容量が56Kです。
最大トルク数は4.5リットルクラスと同等で、走り出しもスムーズな印象となります。
低回転域でも思った通りのスピード調整ができ、かっこいいプラス扱いやすくなりました。

日本の美意識というデザインコンセプトがぴったりくる車

このCX-5のデザインコンセプトは日本の美意識というものです。
ただ美しいというだけではなく無駄な要素を省きシンプルに洗練されている車というイメージになります。
力強さもありながら美しいデザインを持っているCX-5は、特にフロントからリアにかけての流れがスピード感のある車という印象です。

堀が深いCX-5独特のデティールも洗練されたエクステリアから十分に演出されています。
カラーについてもソウルレッドプレミアムメタリックからソウルレッドクリスタルメタリックに変わったことでより洗練され、先進的なイメージです。
マツダの質の高い塗装技術により光の反射をしっかりコントロール、どのボディカラーも美しい光と深い色合いを出すことに貢献しています。

軽快に高回転域まで伸びる最高のパフォーマンス

CX-5にはSKYACTIV‐G 2.5が搭載され、エンジン各部が軽く作られています。
バランスシャフトによって振動を抑える仕組みがあり、脆弱性の高い車です。
このエンジンを搭載したことによって力強いトルクと高回転までの軽快さを感じ、アクセルを踏み込んでも思った通りに加速してくれる気持ちよさがあります。

一気にぐっと加速したときは通常Gがかなりかかりますが、G-ベクタリング コントロールという技術を採用しているため、シャシー性能が向上しました。
一気にGがかかるというよりも、滑らかにGを感じ心地よく操作できるのも魅力でしょう。

デザインやカラーなど美しい外観を持っているCX-5は、機能性や走行性能も格段にアップしています。
カッコよく楽しい走りの車が欲しいというとき、CX-5は最適な車といえるのです。